CASE166【葛飾区 4LDK 心地よい和モダンリビングと回遊動線】

リビングと主寝室を結ぶ『ウォークスルークローゼット』
“通り抜けられる収納スペース” で、使いやすさと収納力をUP

 
自然素材のフローリングと清潔感ある白いクロスでコーディネートされた室内には、
安らぎのある畳コーナーを作り、和洋一体のデザインに。
動きやすい回遊動線のウォークスルークローゼットも取り入れ、
内装設備からインテリアまで、機能性も兼ね備えた快適なお住まいに生まれ変わりました。

l2
r4k1


 
 
間取り平面図
 
「リビング」と「洋室1」を結ぶ ウォークスルークローゼットを設け、家の中で動きやすい回遊動線の間取りです。
収納には、様々な利便性がある「可動棚」を各所に設置しました。
 
間取り平面図after


 
 
ウォークスルークローゼット - After –

ハンガーパイプと枕棚の他に、棚の高さを調整できるよう造作した「可動式の収納棚」もあります。
リビング側と洋室側の2ヶ所に扉があり、自由に通り抜けることができます。

wic1
r5r3


 

リビング - After –
 
ゆったりと落ち着ける「縁なし畳」のある和洋折衷のリビング。
陽当たり良好で、ゴロ寝がとても心地よい空間になりました。
間仕切りの引き戸を閉めれば畳だけの個室に早変わり。布団を敷いてお休みいただくこともできます。
引き戸をオープンにすればLDKと一体となる「リビング兼和洋室」です。

r1
r5r4


 
 

キッチン - After –
 
カウンターの白い下部収納がシンプルで可愛いキッチン。
ウッド調カラーのキャビネットとカップボードを備え付け、穏やかな色彩で統一されたキッチンスペースです。
 
k1
k5
k3k4


 
 

洗面室・バスルーム - After –
 
白を基調としたフロアタイルの洗面室は、エレガントで上質な作りに。
三面鏡の下のおしゃれなモザイクタイルによる装飾がポイントです。
洗面台の脇にある収納は、使い勝手の良い可動棚収納を造作しました。
 
b1


 
バスルームの壁には、大理石柄の「ビスクトラバーチン」を採用しエレガントな癒しの空間に。
お風呂のフタは、壁面に掛けられる収納タイプで毎回フタの置き場所に困ることもありません。
 
b3


 
 
玄関・廊下 - After –
 
姿見付きの大きなシューズボックスを備え付けた玄関。
廊下左手にも、両開きの戸を開けると床から天井までフル活用できる可動棚収納をもう1つ設けました。

g1g2


 
 
 
 
 
———————————–
物件所在地 東京都葛飾区
———————————–
築年数   約20年
———————————–
工事面積  約67平米
———————————–
工期    約8週間
———————————–
間取り   マンション 4LDK
———————————–
総工事金額 約600万円
———————————–

 
 

■当実例におけるお客様の声・口コミ・評判

 
★ 施主様にご協力頂きアンケートへの回答をいただきました ★
 
 

Q、今回、どのような理由でリフォームをお考えになりましたか? 
 
A、『中古物件を購入したので』
 
———————————–
Q、弊社を選んでくださった理由をお聞かせください。
 
A、『購入した不動産会社が利用していた』
 
———————————–
Q、全体を通して、弊社のサービスはいかがでしたでしょうか?
 
A、『度重なる私達の変更や追加の内容に快く対応してくださいまして 感謝しています。
仕上がりも良く 引越したばかりですが 毎日快適に過ごしています』

 
———————————–
Q、今回のリフォームに関してお客様がもっともこだわったポイント・設備はどの部分でしたでしょうか?
 
A、『全体の統一感』
 
———————————–
Q、ここは自慢したいというお気に入りの箇所・設備はございますか?
 
A、『リビング』
 
———————————–
Q、リフォーム完成時または、お引渡し時のご感想をお聞かせください。
 
A、『フルリフォームだったので 新築のマンションに引越たようで 大満足です』
 
———————————–
Q、最後に弊社に対して、または担当者に対して何かございましたらお書き添えください。
 
A、『言葉では 表せないくらい満足しています。本当にありがとうございました』
 
———————————–
 
 
お忙しい中、ご回答いただき誠にありがとうございました。
 
弊社セイワビルマスター株式会社は、今後ともお客様方にご満足いただけるような住まいづくりに貢献すべく、より一層のサービス向上に努めてまいりたいと存じます。

  
               
 

 
 
※当事例のお問い合わせは、「No.166」とお伝えください!
 
家のリフォーム・リノベに関するお問合せ・おご相談ならセイワビルマスター
 
▲デザイン リノベーション カテゴリーTOP
▲セイワビルマスター株式会社 TOPページ

Comments are closed