CASE222【葛飾区 2LDK フォトジェニックな南欧風の内装】

異国情緒ただよう色彩豊かな家

“ 南欧風インテリアの空間にモダンな和室も取り入れた和洋折衷スタイル ”

 
元々2室だった部屋を1室に繋げたことで生まれたゆったりとしLDKには、
オープンキッチンにパントリー、ウォークスルークローゼットも造作しました。
和室、洋室、中廊下、洗面室・・・
各部屋ごとにデザインの異なるクロスを貼り分けたことで、
空間ごとに色調が変わるフォトジェニックで魅力的な南欧風のお住まいとなりました。

l1
 
 
間取り平面図
 
元は同じフロアの1号室と2号室だった2つ住戸の壁を取り払い、1戸の住宅としました。
その以前の部屋の名残りで、リビングと洗面室の間に、” 中廊下 ” が存在する間取りとなっています。
 
222間取り図after

  
LDK – After –

リビングの中心には、ペニンシュラ型のオープンキッチンを設置。
ワークトップの背後には大きなカップボードを備え付け。
広い空間でも料理に必要な物をいつでも取り出せる最適な配置となった充実のキッチンスペースです。

l3l2k1


 
 
リビング収納 – After –

リビング収納は、パントリー、収納棚、ウォークスルークローゼットの3つを造作。
キッチンに一番近い場所に、パントリーを。
真ん中には、高さ調整も可能な可動タイプの収納棚。
その隣には、リビングから和室へ通り抜けられるウォークスルークローゼットがあります。
 
l4
c1
c2c7

奥行たっぷりの広さがあるウォークスルークローゼットは、衣服や備品を大容量収納できるのはもちろんのこと、
廊下を通らずに、和室とリビングを行き来できる便利な二重動線にもなります。

c3c8c6


 
 
和室 – After –

カラフルな緑と銀白色の琉球畳に加え、ダウンライト照明やクロスの色彩によって、
モダンな和の空間となりました。
窓際の収納扉を開ければ、リビングへショートカットできる ”抜け道” があらわれます。

r2r3c5


 
洋室 – After –
 
黄色い壁の室内は、地中海にある南欧の家のような雰囲気に。
太陽のまなざしを感じられるあたたかみ溢れる部屋となりました。

r1r5r6

  
玄関 – After –

窓から自然光が差しこむ明るい玄関。トールタイプの下駄箱もあります。

e1
e2


  
 
廊下 – After –
 
壁全面に白レンガ調のクロスを貼り、外国風のおしゃれな空間に。
廊下にも収納があるので、用途に応じて色々な物をしまうことが可能です。

m3
l5m1m2m5m4

 
水回り – After –

古材風のクロスと意匠をあしらったブラックアイアンのタオル掛けを取付け、
ヴィンテージ調に仕上がった洗面室。
トイレや浴室も色味を変えて、落ち着きのあるシックな雰囲気の水回りとなりました。

b1
b5b3t2
t1b2


 
 
 
 
———————————–
物件所在地 東京都葛飾区
———————————–
築年数 29年
———————————–
工事面積 約80平米 
———————————–
工期  約7週間
———————————–
間取り  アパート 2LDK
———————————–
総工事金額 約670万円
———————————–

 
 
 
※当事例のお問い合わせは、「No.222」とお伝えください!
 
家のリフォーム・リノベに関するお問合せ・おご相談ならセイワビルマスター
 
▲デザイン リノベーション カテゴリーTOP
▲セイワビルマスター株式会社 TOPページ

Comments are closed