case209【墨田区 和室を撤去してLDKを広く】

 

和室を撤去して広げたLDKは深みのあるレトロモダンの佇まいに

 
 
今回のリフォーム事例では、既存の間取りを活かしつつ、リビング隣の和室を解体。
床を全面フローリングで上貼りしてLDKを約16帖の空間へと広げました。

 
 
各室とも壁一面をアクセントウォールでワンポイント装飾。
レトロモダン調の室内に、木目柄クロスやモザイクタイルが上品に引き立つ、” 大人お洒落な空間 ”に仕上がりました。

 

l2ab5>t1

 
 
【LDK(元和室)】
 
リビングと一体となった元和室部分。
 
ダークブラウンの窓枠に白いベースクロスとアクセントクロスとのバランスで、落ち着きのあるアンティークテイストに。
 

r2ar1a

 

 
【間取り図(アフター)】
 
今回は、戸建て3階建て。1フロアーごとに生活空間が分かれているお住まいの2階部分をリフォームしました。
 
ご家族が快適な新生活を始められるようキッチンがなかったLDKにI型キッチンを新設。
洗面室、トイレ、ユニットバスを最新設備に入れ替え、クロスや床材も貼替えました。
 

間取りafterk2b4b2a

 
 
↓のウッドパネルに見える壁・・・
実はこれら 木目柄のクロス貼り です。

 
 
一見しただけでは、その質感が分からないほど精密なデザインのクロス。
現在は、各メーカーでこのような素材がたくさんがあるので、お客様の思い思いの内装にリノベーションしやすい環境となっています。 
 
もし弊社の事例の中に気になるデザインの内装がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

t1
r3r4

 
 
 

 

———————————–
物件所在地 墨田区
———————————–
工事面積  約51平米
———————————–
工期    約5週間
———————————–
間取り   戸建て2階フロア 1LDK
———————————–

 
 
 
 
※当事例のお問い合わせは、「No.209」とお伝えください!
 
家のリフォーム・リノベに関するお問合せ・おご相談ならセイワビルマスター
 
▲デザイン リノベーション カテゴリーTOP
▲セイワビルマスター株式会社 TOPページ

Comments are closed