case183 【千葉 八千代 3LDK 白木ヴィンテージ風味の家】

 

1997年建築の中古マンションを最新ビフォー・アフター
いま人気のホワイトオークを取り入れたオシャレな住まいに

 
 
 
既存の間取りに手を加えなくても、これだけ劇的に変わる!
3LDK 築20年のハコをそのまま活かした内装リノベーション

 

af0

 
 
 

 
【施工前ビフォー(Before)和室】
 
リビングの隣にあった和室。
経年劣化による傷みがだいぶ進んでいた印象でした。

af33

 
【リフォーム後アフター(After) 元和室】
  
畳は自然素材のフローリングへと張り替え、
新品ながらも味のある風味の白木建具がよく似合う洋室へと変わりました。

af7

 
 
 
 
【アフター(After) 収納クローゼット】
 
リフォーム前は、一般的な木板棚だった収納は、
高さを調整できる可動式に改良して、使いやすさが格段にアップ!
 
キッチンや壁紙の色とあわせたホワイトの棚で、空間に統一感が生まれました。
 

af1af2

 
 
【ビフォー(Before)収納クローゼット】

af11af22

 
 
 

 

【アフター(After) LDK】
 
広いスペースとなった対面式キッチン。
 
リビング・ダイニングには、おしゃれでデザイン性に富んだインテリア壁材「エコカラット」を使っています。
 
最新式のキッチンとオシャレなタイル調の壁材にしたことで、リビングの雰囲気が大きく様変わりしました。
 
 
※「エコカラット」とは、
空気を美しく整える効力をもつ壁材で、保温機能や気になるニオイの低減させる自然素材です。

af6af5af3

 
【ビフォー(Before)LDK】

af66af67af55

 
 
 

 

【ビフォー(Before)バスルーム】
 
浴室もリフォーム後は、ホテルのバスルームのような空間へと生まれ変わりました。
ビフォーアフター写真で比較すると、その違いは一目瞭然です。
 

af44

 
【アフター(After) LDK】

af4

 

 

 

 
【間取り平面図(After)】

今回は、3LDKのお部屋を改修しました。
 
図面で見ると、リビング隣りの洋室が元は和室です。
 
 
和室を含む全部屋の内装を白木調に。
 
この事例では、清涼感とヴィンテージ風味をナチュラルに取り入れたデザインリノベーションとなりました。
 

 
間取り平面図

 

 
 
 

 

———————————–
物件所在地 千葉県八千代市
———————————–
築 年 数  約20年
———————————–
工事面積  約68平米
———————————–
工期    約6週間
———————————–
間取り   マンション 3LDK
———————————–
総工事金額 約395万円
———————————–

 
 
 
 
※当事例のお問い合わせは、「No.183」とお伝えください!
 
家のリフォーム・リノベに関するお問合せ・おご相談ならセイワビルマスター
 
▲デザイン リノベーション カテゴリーTOP
▲セイワビルマスター株式会社 TOPページ

Comments are closed