case202 【東京中央区 築地 1LDK  メゾネットタイプ】

 

いまどき2階層住戸の間取りを活かしたリノベーション

 

床は無垢表フローリングやタイルに全面張替え。部屋全体がよりシックでモダンな印象に

 
トイレ、ユニットバスなどの水回り設備や内階段の足場もお施主様好みにまるごと一新。
間取りは既存のままながらも、お洒落でラグジュアリーなオンリーワンの空間になりました。

 

l8l3r8

 

 
【間取り平面図(ビフォーアフター)】

部屋の間取りは1LDK
 
 
1Fには、トイレ、キッチン、リビングダイニング。
2Fには、洋室とウォークインクローゼット、洗面室、バスルームがあります。
 
 
今回のリノベによって、玄関から廊下、トイレ、キッチンスペースに至る床全体を黒タイルで敷き詰めました。
白を基調とした室内で、ブラックのタイルと白目地のシックなモノトーン調がより鮮明に際立ちます。

 
間取りaftere3e4e5k4

 
 

 
【1階LDK(After)】
 
キッチンより二段上がったリビングダイニングルーム。
床材は、北欧原産のヴィンテージ感あふれる無垢材複合フローリング「カビール」を使用しています。
 
 
無垢を表面、合板を下地にしたこの特殊な複合材なら床暖房を使ってもOK。
自然感ある無垢の風味を生かしつつ、湿度や温度差による床材の劣化を最小限に抑えて快適に生活することができます。

 

l4k7l1

 
 

 
【2階(Before)】
 
以前は、カーペット敷きだった2階の洋室。
洗面室やバスルームは、明るいカジュアル系の空間でした。
 

2f_before

 
 

 
【2階(After)】
 
床はカーペットからコルクタイルに貼り替えました。
 
弾力性や保温性の高いコルクタイルは、遮音性能はもちろんのこと、肌触りが柔らかいのでカーペットの代わりにピッタリ。
そのまま直に座っても寛げるぐことができます。
 
 
階段の足場はタモ集成材に変えたことで、1階の無垢表フローリングとの統一感が生まれ、
室内全体にナチュラルモダンの深みが増しました。
 

r5r2r3c2

 
 

 
【洗面室・バスルーム(After)】
 
カジュアルな印象だった洗面室、バスルームは、高級感あるラグジュアリーな空間へとリフォーム。
 
 
LIXILのスパージュを採用したバスルームは、ヘッドレストのある浴槽でゆったり寛ぐことができる極上の癒しを体感できます。 
 
洗面室もクロスを貼り替えて、モノトーンの落ち着いた雰囲気となりました。
 

b5b6b3

 
 
 

 

———————————–
物件所在地 東京都中央区築地
———————————–
築 年 数  約17年
———————————–
工事面積  約66平米
———————————–
工期    約9週間
———————————–
間取り   マンション 1LDK
———————————–
 
 
 
※当事例のお問い合わせは、「No.202」とお伝えください!
 
家のリフォーム・リノベに関するお問合せ・おご相談ならセイワビルマスター
 
▲デザイン リノベーション カテゴリーTOP
▲セイワビルマスター株式会社 TOPページ

Comments are closed